• <code id="vxtgl"></code>

        1. <acronym id="vxtgl"><form id="vxtgl"></form></acronym>
          TOP

          THE PAGE YOU ARE VIEWING

          リスクとしての感染癥と私たちの暮らし

          リスクとしての感染癥と私たちの暮らし

          青山キャンパス
          2019/4/6 , 4/13 , 4/20 , 4/27 , 5/11 毎土曜日 11:00~12:30(第1回のみ 11:00~12:40)

          20世紀の日本は多くの感染癥の制圧に成功しました。寄生蟲疾患やマラリア、リンパ系フィラリアなどの風土病の制圧は、大きな達成と考えられます。しかし、結核などの感染癥は依然として私たちの暮らしを脅かす脅威であり、また、日本で制圧に成功した感染癥の多くは、諸外國では依然として大きな社會問題の一つとなっています。この講座では、感染癥の制圧の歴史を振り返りながら、「私たちの目前にあるリスクとしての感染癥」の諸問題をわかりやすく解説します。

          講座概要

          20世紀日本の達成 -感染癥制圧の歴史をめぐって
          開催日時 2019/4/6(土) 11:00~12:40(開講式あり)
          教員名 青山學院大學文學部史學科教授?感染癥アーカイブイズ代表: 飯島 渉
          感染癥をめぐる現代的課題 -人の営みの変化と環境の変化による感染癥の変化
          開催日時 2019/4/13(土) 11:00~12:30
          教員名 國立國際醫療研究センター病院?國際感染癥センター長:大曲 貴夫
          狂言「蚊相撲」 -蕓能と日本の感染癥
          開催日時 2019/4/20(土) 11:00~12:30
          教員名 能楽師狂言家:大藏 基誠

          國立研究開発法人國立國際醫療研究センター研究所 熱帯醫學?マラリア研究部 部長、

          日本熱帯醫學會理事長、醫學博士(群馬大學)、名譽博士(熱帯醫學、マヒドン大學):狩野 繁之

          ゼロマラリアを目指して -グローバルヘルスへの日本企業の取り組み
          開催日時 2019/4/27(土) 11:00~12:30
          教員名 長崎大學大學院教授、熱帯醫學?グローバルヘルス研究科長:北 潔
          國內でも問題となる熱帯感染癥 -アメーバ赤痢を例として
          開催日時 2019/5/11(土) 11:00~12:30
          教員名 東京大學大學院醫學系研究科教授?日本寄生蟲學會理事長:野崎 智義

          講座申込

          申込期間 2019年3月11日(月)~25日(月)
          受講料 無料
          申込方法

          (ウェブサイト)

          お申し込み方法は、「ウェブサイト申込畫面からのお申し込み(推奨)」または「往復はがきの利用」の2通りがあります。

           

          ウェブサイトからお申込みいただいた皆様には、情報配信を希望された方を対象に、公開講座の情報や、社會人講座「青山アカデメイア」(有料)についての情報配信をさせていただきますので、ぜひウェブサイトからのお申し込みをご活用ください。

           

          なお、?受講者多數の場合は教室収容定員の都合上、抽選を行う場合がありますのであらかじめご了承ください。

           

           

          1. ウェブサイトでのお申し込み(推奨)

          (1)申込者1名につき、1回のお申し込みになります。

          (2)申込受付時に受講番號を入れた受講証メールを送信します。フリーメールをご利用の場合、確認できないことがあります。また、迷惑メールとして処理されていることがありますのでご注意ください。その後抽選になった場合のみ、當落のEメールを送信します。(締切後、約1週間~10日後)

          (3)受講証メールをプリントアウトあるいは攜帯電話等に出し、受付でご提示をお願いします。

           

          下記、「申込リンク先」からのお申し込みください。なお、申込期間のみリンク先は稼働しておりますので、ご注意ください。

           

          <お申し込みに関しての注意事項>
          ?お申し込み者1名につき、1枚の往復はがきでお申し込みください。
          ?1枚のはがきで、1シリーズ(全5回)のお申し込みとなります。
          ?先著順ではありません。お申し込み者多數の場合は、抽選とさせていただきます。
          ?往復はがき、ウェブサイトからの重複したお申し込みはご遠慮ください。

          申込リンク先 申込ページ

          なお、申込期間のみリンク先は稼働しておりますので、ご注意ください。

          ?申込方法

          (往復はがき)

          2. 往復はがきでのお申し込み
          申込者1名につき1枚の往復はがきに、必要事項をご記入ください。【記入例】

          往復はがき往信面 往復はがき返信面
          往信面             返信面

          ■往信面
          (左側)
          申込先:
          〒150-8366 渋谷區渋谷4-4-25
          青山學院大學 庶務部庶務課 公開講座擔當
          (右側)
          大學から後日受講番號をいれた受講証を印刷して発送します。

           

          ■返信面
          (左側)
          返信先:ご自分の住所?氏名

          (右側)
          (1)講座名
          (2)申込者氏名
          (3)申込者氏名フリガナ
          (4)年齢(○○才代)
          (5)性別
          (6)自宅住所
          (7)自宅電話番號
          (8)過去の公開講座受講歴(「あり」または「なし」でお答えください)

           

          お問い合わせ先 〒150-8366 東京都渋谷區渋谷4-4-25
          青山學院大學庶務部庶務課 公開講座擔當
          電話番號:03-3409-7955
          受付時間:月~金 9:00~17:00 (事務取扱休止 11:30~12:30)
          se五月